一番若い自分だからこそ、出来ることがあるはず。

赤キ屋には良い意味で個性あふれるお客様が多い印象がありますが、きっと赤キ屋で働くメンバーが個性溢れる人たち何だと思います(笑)私も入社1年目ですが、良い意味で既にどっぷり浸かっていると思いますね。と語る鷲尾さんに赤キ屋の魅力を詳しく伺いました!

――「赤キ屋」の強みは何ですか?

 

赤キ屋の強みは、一つ一つの作業が丁寧なのに仕事が早いところです。よくお客様から「赤キ屋さんの花は長く保つね」とお褒めの言葉をいただきますが、表側では見えない作業の「水揚げ」を非常に丁寧に行っています。茎の処理の仕方、養分を吸いすぎないようにするための葉の処理の仕方など、花の保ちが良くなる技術をたくさん教わっていますね。

 

「当たり前のことを、日々当たり前にやる」のは簡単に見えてとても難しいことだと思います。赤キ屋は先代から受け継がれた「当たり前のこと」を何十年もの間、毎日、毎時間と続けているからこそ、お客様も信頼して何年、何十年とリピートしてくださるのだと思います。

――「当たり前のこと」を何十年も··。

実際に続けている赤キ屋さんだから言えることですね。

そうですね。

今は自分のやることで精一杯ですが、自分にしかできないことが必ずあると思っているので、色々な技術やノウハウを身につけながら、見つけていきたいですね。

――自画自賛してください
要領がよいと思います。意味のない時間を過すのが嫌いなので、いかに無駄のない
生活・行動をするか常に考えています。

 

――最高の失敗を教えてください
発注ミスで珈琲が大量に届いたこと。一年分はありましたね。しかもドリップ珈琲。赤キ屋使用しているのはインスタントなのに。笑

――他のメンバーを褒めてください!

石井社長:物事を丁寧かつ慎重に行うところ。物知り(世間のことや一般常識など)
富塚さん:気が利く。人の十倍周囲をみている。コミュニケーション能力が高い。
小倉さん:色んな面を気にかけてくれて優しい。(ミスした時、女子ならではの悩みなど)流行りもの最新のものへのアンテナが敏感!

三人に共通して良いのは、皆さん本当に怒らないんです。

どんな大事件が起きたとしても、感情的にならず、明確に教えてくれます。笑

 © フローリスト赤キ屋 2018 . All Rights Reserved.